行事予定とご案内

2020.01.20

幸運の手助け・望診法のご案内

 毎日の行い、言葉、思いが、何かにつながる、

その連続が人生です。

人生の中で、幸運かどうかは、

そう思うかどうかですが、

そう思える工夫をいくつかご紹介します。


1、 望診法(手相、人相)

身体の中、内臓などの状態は、            

身体の表面、皮膚などに現れます。

食べ過ぎ飲み過ぎで肌が荒れる、

のように。

そして、

内臓の状態は心とつながっています。

お腹が不調だと、不安心配になる。

そのように、身体に現れるもの、つまり手相人相を観て、

身体と心の状態を知り、改善方法を考えるのが望診法です。

根拠は陰陽五行説が基本です。

その他に律部という仏典や、

三種悉地破地獄儀軌

覚鑁上人の五輪九字秘密釈

などにも記述が多くあり、

仏教医学といえるもので、

永年研究してきました。

例えば、

味覚、内臓、感情には次のような関係(つながり)があります。

辛味ー肺ー安心/悲しみ
酸味ー肝ー忍耐/怒り
甘味ー脾ー理解/不安
塩気ー腎ー勇気/怖れ
苦味ー心ー落ち着き/興奮

肺の様子は親指や鼻に現れます

肺は辛味に反応し、

肺が疲れていれば悲しみに敏感で、

健康なら安心感が得られます。

イライラを改善したい、

忍耐力を付けたい

などがあれば、

肝臓、酸味などに関心を持ち、

肝臓の状態が現れる目を望診して、肝臓を健康にする生活法を考えます。

何か心身に不満や行き詰まりがあれば、

手相人相を見て、

それを改善する生活法を見つけられます。


※相談方法

手相の写真を添えて、

こちらからお問い合わせください。

住職が解説して、返信します。

一人一回5000円(陰陽研究塾及び穀菜食の舎会員は無料)



※望診法をご自分で勉強したいかた

住職が書いたテキストと講義録があります。

こちらのページからお申し込みください。

立禅(りつぜん)・Standing Meditation

Copyright (C) Nagano-Iida-risshakuji All Rights Reserved.